デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法まとめ【医師監修】
Beauty 2017.06.08 UPDATE

デリケートゾーンの黒ずみをケアする方法まとめ【医師監修】

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

女性にとって、デリケートゾーンの悩みのひとつに、黒ずみがあります。しかし、こればかりは体質や、年齢を重ねることでの変化だとあきらめている人も多いのではないでしょうか。

しかし、きちんとメカニズムを理解して対策すれば、黒ずみを解消することができるのです。ここでは、なぜデリケートゾーンが黒ずむのか、その秘密を解明し、対策を考えていきましょう。

(監修・取材協力)
辻奈央先生

辻 奈央先生
東京皮膚科・形成外科、イーストワン皮膚科・形成外科 2009年北里大学医学部卒業、日本大学板橋病院初期研修。2011年日本大学板橋病院 初期研修終了、日本医科大学麻酔科勤務。2013年大手美容外科院長を経てイーストワン皮膚科クリニック開業。日本形成外科学会 会員、日本美容外科学会 会員、日本麻酔科学会 会員、日本アンチエイジング外科学会 会員、日本医学脱毛学会 会員。株式会社N&Yホールディングス http://nyholdings.net

1.デリケートゾーンが黒ずむのは日焼けと同じ?


肌にはメラニン色素というものがあります。ご存知の通り、日焼けと同じ色素ですね。

メラニン色素は本来、紫外線から肌を守るためのもので、肌の奥にあるメラノサイトという細胞によって作られます。肌が紫外線を浴びると、メラノサイトからメラニン色素が生成され、日焼けすることで紫外線から肌を守ってくれるのです。

そしてデリケートゾーンや乳首、わきなどは、もともと敏感な部分なため、メラノサイトの働きも活発になります。

そのため下着との摩擦など、わずかな刺激でも黒ずみやすくなっているのです。特にデリケートゾーンは入浴時などを除いて、ほぼ24時間、下着に包まれていて、ずっと刺激を受け続けているため、自然と黒ずみがちになるのですね。

2.黒ずみから回復するターンオーバーとは?


しかし日焼けは紫外線を浴びなくなれば、自然に収まっていきます。これは、肌のターンオーバーという機能によるものです。

肌の奥で真皮として生まれた新しい皮膚細胞は、日が経つにつれて徐々に皮膚の正面へ出て角質化し、最後は垢となって剥がれ落ちます。この肌の新陳代謝をターンオーバーといいます。メラニン色素で黒ずんだ皮膚も落ちていくことで、色が元に戻るわけです。

このターンオーバーの周期は通常およそ28日程度といわれていますが、加齢により徐々に周期が長くなってきます。

さらに、このターンオーバーを阻害する要因が、ホルモンバランスの乱れです。

女性の身体では、エストロゲンとプロゲステロンという二種類のホルモンがバランスが保ちつつ働いて、生理周期などを作り出しています。

エストロゲンには肌のターンオーバーを促進し、肌の美しさを保つ働きがあり、プロゲステロンはメラノサイトや皮脂の分泌を活発にする働きがあります。このホルモンバランスが乱れることも、肌の黒ずみの原因になってしまいます。

ホルモンバランスを乱す生活習慣には、睡眠不足や運動不足、偏った食生活やストレス、飲酒や喫煙などがあります。規則正しい生活とバランスの取れた食事、適度な運動やストレスを溜めないなど、健康的な生活を送ることも黒ずみ防止につながります。

また自分の生理周期を把握して、どちらのホルモンが活発な時期かによって、黒ずみケアの方法を変える必要もあるでしょう。

▼ 次のページにて、デリケートゾーンの黒ずみを抑える方法を詳しく説明します!