バストアップに即効性を出したい?戸瀬恭子さんのマッサージ方法
Beauty 2017.04.21 UPDATE

バストアップに即効性を出したい?戸瀬恭子さんのマッサージ方法

※ この記事は、2017年4月21日に追記しました!
 
 
バストアップのためにあれこれ試したものの、効果が実感できないと諦めてしまいたくなりますよね。でも、胸はとても繊細なパーツですので、ちょっとやり方が間違っているだけでも効果が出ない場合があるようです。

そこで、ここではバストアップマッサージを中心に、胸の成長に効果があるものと、注意したいことについてご紹介します。

(監修・取材協力)

戸瀬恭子さん

株式会社CECIL代表取締役
一般社団法人日本ウィメンズ協会代表理事
株式会社Office樹 代表取締役

9年前にmixiで自身の授乳後のおっぱいを育てた育乳法を公開。8年前に起業。代表書籍『くびれも美肌もかなうおっぱい美塾』(ぶんか社)は、韓国や香港、台湾、マカオでも翻訳され、育乳は世界を越えて新常識となりつつあります。DVD『バストあっぷるん』は、累計5万本以上販売。顔と同じように、「おっぱいのケアができる世の中に」を合言葉に、ピンクリボン運動をしながら育乳するという、新しいボディケアで世界中の女性を幸せに導いている。http://sumaho-s.com/cecil/

間違ったバストアップマッサージ


力の入れすぎは禁物

「リンパを流す」と聞いて、老廃物を押し出すために力を入れてマッサージする人がいるようですが、リンパは肌表面の近くにあり、あまり力を入れてマッサージをしてはいけません。ツボ押しについても同じで、サロンなどで施術してもらう際に「痛い」と感じるのは、筋肉が凝っていたり、リンパに老廃物が溜まっているためであり、施術者は決して力を入れてマッサージしているわけではありません。自分で行う場合は、力は入れず、痛くない程度にマッサージしましょう。

胸を揉み過ぎたら逆効果


バストアップするためのマッサージといって、胸自体をガンガン揉んではいけません。胸はほとんどが脂肪でできているので、揉むと逆に減ってしまいます。胸を揉めば揉むほどどんどん脂肪がなくなり、小さくなってしまいますので、揉めば成長すると勘違いしている人は、要注意です!

指だけでマッサージはNG

マッサージをする時は、手のひら全体を使って優しく行うとよいでしょう。力を入れずに撫でるようにマッサージするためにも、オイルやバストアップクリームなどを使って肌を滑りやすくすると、スムーズにマッサージできますよ。

他にもこんなことに気を付けてみて!


生活習慣の見直しを二の次にしていませんか?


バストアップには、食生活、睡眠などのライフスタイルが大きく関係してきます。どんなに胸をマッサージしたり、プエラリアなどのサプリメントを摂取しても、身体の基盤となる食事内容が粗雑では胸は成長してくれません。バランスのよいメニューをベースに、バストアップに必要な高たんぱく質なものを食べるようにしましょう。また夜の22時から深夜2時の4時間は「お肌のゴールデンタイム」と呼ばれていますが、この時間帯にしっかり睡眠をとると成長ホルモンの分泌が活性化し、バストアップへの効果も高まります。ただし、あまり厳しくルールを決めてしまいストレスを抱えては育乳の妨げになってしまいますから、週に1回は22時に眠るように心がける…など自分ができる範囲内で上手に工夫しながら、規則正しい生活を目指してみましょう。

効果のあるバストアップマッサージ

ハリのある胸を作るには、ふっくらとしたデコルテを作ることも基本です。デコルテがないと胸が垂れて見えるので、胸のマッサージをする前にデコルテマッサージも取り入れて、セットでケアしてみましょう。また、脂肪細胞を増殖させる「ボルフィリン」という成分が配合されたバストアップクリームなどを使うのもおすすめです。力を入れすぎず、撫でるようにマッサージするためにも活用してくださいね。

デコルテのマッサージ法


1. 両脇のリンパを揉みほぐす


両手の人差し指から小指までの4本を、反対側の脇の下のくぼみに差し込むイメージで当てたら、親指を添えてよく揉みほぐします。両脇のリンパを軽くつまんでほぐすイメージで、5~10回ほど揉みましょう。

2. 二の腕の裏側から、脇・デコルテへと血流をよくし、リンパを流す

左手で、右手の肘を下からつかむようにして、手のひら全体を当てます。そのまま左手のひらでさするように、脇の下までさすったら、脇の下から肉を持ってくるイメージでデコルテへと流します。これを5回ほど行ってください。

3. 肩甲骨からデコルテまで、血流をよくし、リンパを流す


左手を右脇の下から通して、右肩甲骨の内側の骨の際に4本の指先を当てたら、そのまま肩甲骨から脇へと左手を移動させます。身体が硬くて手が届きにくい人は、なるだけ肩甲骨を触れるように手を伸ばしてみましょう。次に、脇の下から肉を寄せるイメージで手のひらを使ってデコルテまでリンパを流します。この流れを5回ほど行ってください。

4.2・3の工程を、反対側も同じように行ってみましょう。

5.脇下の肉をデコルテに集める

肩を外側に開き、胸を開いたら、両脇に両手の手首を当てます。次に、デコルテに脇下からも肉を集めるイメージで、胸をギュッと手首で中央に寄せましょう。

マッサージ後、デコルテがふっくらとして膨らみを感じられたらOK!胸の上に、丸いラインが見えればマッサージが成功している証です。

胸にハリを与えてツンと上向きにしてくれる、バストマッサージ法


1. お椀型を意識して、胸をなで上げる

左の親指を広げてL字を作り、左の胸の下のラインに当てます。その時、親指は脇側に当たるようにします。喉仏に向かって、手のひら全体で乳首の上を通りながら斜め上に、胸をなで上げるように持ち上げます。右側も同じように行い、右・左を1セットにして5回ほどマッサージします。

2. 両手で胸を持ち上げ、乳腺を刺激する


両手の親指を広げてL字型にし、親指を上に向ける形で胸の下に当て、そのまま持ち上げます。胸が上がりきったところで、両手の指4本を谷間に合わせ、胸の谷間から外側に向かって円を描くように乳腺を撫でながら脇までマッサージします。乳腺は乳首から外に向かって放射線状に広がっていますから、優しく乳腺を刺激するようにマッサージしましょう。

3. 親指を使って、乳腺を刺激する

2の工程と同じように、両手をL字型にして胸を持ち上げたら、ここでは脇に当てている親指を使って乳腺をマッサージします。脇から谷間に向かって親指を動かしたら、そのまま胸の下まで円を描くようにします。この流れを5回行います。

4. デコルテの肉を集める

胸をグッと開いたら、両脇にそれぞれの手首の内側を当てて、デコルテに肉を集めるように脇から真ん中へギュッと手首を移動させます。

マッサージ後、正面から見た胸が丸くなって中央に集まったように見え、横からは胸の位置が高くなりツンと上向きのハリのある胸に見えたら、マッサージは成功です。たった1回でもこうした変化が見られますから、ぜひ試してみましょう。

本やDVDを見て自己流で努力をしてみてもあまり効果がないという場合には、マッサージ方法にちょっとした間違いがある可能性もあります。“確実に美しいバストアップを目指したい!”と強く願うのなら、ちょっとしたコツを掴むことで自分でもケアできるようになりますから、サロンへ行ってプロの施術者に相談するのもひとつの方法です。ぜひ楽しんでバストアップマッサージを行ってくださいね。

出典:戸瀬恭子「DVD付 くびれも美肌もかなう おっぱい美塾」ぶんか社
   戸瀬恭子「DVD付 1分育乳マッサージで“華奢ボイン”になる」ぶんか社

文:喜田宏美