バストアップは下着選びが重要!胸の輪郭、バージスラインに注意
Beauty 2017.05.25 UPDATE

バストアップは下着選びが重要!胸の輪郭、バージスラインに注意

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

可愛ければどんな下着でもいい!という選び方では、胸に悪影響を及ぼす場合があります。日本人女性の多くが、自分に合ったブラジャーのサイズを把握していないともいわれます。では、どのように下着を選べばよいのでしょうか?

こういう下着はバストアップを妨げる

Woman choosing sexy lace lingerie from drawers.

カップに隙間ができる or バストがあふれる


これは基本的なことですが、試着してみて隙間ができたり、バストがあふれてしまっているブラジャーは、まず身体にフィットしていない証拠です。お気に入りのデザインだとしても、サイズが合わなければ美胸づくりに影響してしまいます。

パットで盛ったボリューム満点のブラ


パットに頼りたい気持ち、痛いほどわかります。しかし、パットは胸を押しつけ、圧迫してしまいます。自然な胸の成長を妨げてしまうのです。

また、バスト周辺にはリンパもあり、パットで締めつけてしまうと血流が悪くなってしまいます。ドレスや洋服によっては、谷間の演出が必要な時もありますが、毎日つけるブラジャーでは、パットを極力外した状態にしておきましょう。

バージスラインが合っていない


バージスラインとはバスト下部の曲線部分、つまりバストの輪郭のことをいいます。ブラジャーを外した時、このバージスラインより内側にブラジャーの跡が残った経験はありませんか?

実はこれ、着用しているブラジャーが身体に合っていないというサインなのです。自分のバージスラインに合うブラジャーを見つけることで、バストアップの効果は意外にもすぐに実感できる可能性があります。

アンダーが合っていない


普段つけているブラジャーがきつくて、一日の終わりにブラジャーを外してフーっと一息、リラックス!というのは女性あるあるです。ところが、鏡を見てみると、身体にくっきりとブラジャーの跡が残っていた!なんてこともありますよね。これもブラジャーが合っていない可能性があります。

数年前はアンダーサイズ65センチだったのに!という気持ち、よくわかります。認めたくないですよね。でも体形は変わってしまうものなのです。今後のバストアップに尽力しましょう!

ブラジャーは、購入するときに必ず試着を

何はともあれ、ブラジャー選びは試着が基本です。自分のカップはD65!と思っていても、人間の身体は変わりゆくものです。新しい下着を買う時は必ず試着をして、店員さんと相談しながら決めましょう。

逆に、いくら店員さんにおすすめされたとしても、きつかったり、身体にフィットしていないと感じるのであれば、そのブラジャーは合っていません。

また、バストアップにはリンパの流れも大切で、それを止めてしまうような締めつけタイプの下着では、せっかくのバストアップのチャンスを逃してしまいます。体形が変わる30代は特に、自分の身体と向き合うことが大事ですね。

▼ 次のページでは、「本当に効果のあるバストアップブラ」「ナイトブラ」について説明します!