2017春メークを輝かせるスキンケアのポイントは?【皮膚科医監修】
Beauty 2017.05.07 UPDATE

2017春メークを輝かせるスキンケアのポイントは?【皮膚科医監修】

今年の春、あなたはどんなメークにチャレンジしましたか? きっと、雑誌やWEBの情報から、トレンドを押さえて何かしらメークに取り入れたのではないでしょうか。
そんな美容に関心の高いあなたに、2017年春のメークをより一層美しくするためのスキンケアのポイントをご紹介します!

2017年春のトレンドメークは?



今年の1月からの春シーズンのトレンドメークは、引き続き「ナチュラル肌」は継承しているものの、ポイントメイクに少し個性があるようです。キラキラのラメなどをちりばめた、肌が光る「ツヤ肌」のトレンドも続行中。

ただ、全体的にやはり「ナチュラル感」があり、素肌メークにピンクやベージュの薄い女性らしさを感じさせるチークをさりげなく入れるのがトレンドになっています。

アイメイクは「濡れ感」が注目されており、濃いアイライナーが消え、アイシャドウをふんわりぼかして入れるのがポイント。また、眉は太眉のトレンドは続行中ですが、この春、ちょっと長めのアーチ眉が登場しました。

リップはやや主張のあるマット感のあるレッドやボルドーの濃い、ボリューミーな感じがトレンド。青みピンクも引き続き人気です。

全体としては、ナチュラル・女性らしさ・やさしさがある中で、アイメイクやリップなど、ポイント、ポイントで大胆に主張するといったバランスをとるのが今年流といえます。

ナチュラル肌にとって重要なスキンケアはここがポイント!


春から夏にかけて、トレンドメークを取り入れるためにも、素肌に自信が持てるスキンケアは欠かせません。スキンケアの重要なポイントをご紹介します。

スキンケアは顔ではなくパーツでとらえる!



顔でも乾燥しているところと皮脂が多いところなど、それぞれの場所によって異なります。化粧水は顔全体になじませますが、乳液やクリームなどの油分を補うものは、皮脂の多いTゾーンは避けて、乾燥しがちなところだけに塗るというのもポイント。部位に適したこまめな塗り分けで、顔全体の調子を整えましょう。

外側からのケアと同時に身体の内部のケアも



すっぴんがきれいな人は、生活習慣にも配慮しています。睡眠不足は美肌の大敵。また、生理中は特に紫外線からのダメージを受けやすいので、そうした自分の身体の声を聴きながら、上手に管理&ケアしていくことがポイントです。

まとめ


2017春メークのトレンドは、やっぱり引き続きナチュラルすっぴんメークがベースに。自分の素肌で勝負するためにも、ぜひスキンケアを賢く行いましょう!

(監修)蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ!!」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。