肝斑ケアに適した化粧品教えて!
Beauty 2017.05.31 UPDATE

肝斑ケアに適した化粧品教えて!

普通のシミと比べて広範囲で、左右対称にできる「肝斑」。30~40代の女性に多いといわれていますが、自分でどうにか薄くしたいと思う方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、肝斑のセルフケア方法として、適した化粧品にはどのようなものがあるのかをご紹介します。

肝斑とシミとの違いとは?



肝斑は、シミと見た目がよく似ているため、肝斑とシミは見分けがつきにくいものです。しかし、肝斑はただ単にシミが大きくなったものではないのです。そもそも原因が異なるからです。

シミは、紫外線などの刺激で皮膚が出したメラニン色素が沈着して起こります。一方、肝斑は妊娠を期にできたり、更年期になってできたりすることから、女性ホルモンに深い関係があると考えられています。

また肝斑は、紫外線やピルの内服、マッサージ、化粧品かぶれなどで悪化することもあります。

肝斑ケアに化粧品を使用する方法


肝斑を薄くして解消するためには、皮膚科で治療を受けるのが最短の近道といえます。皮膚科では、美白外用薬や内服薬が処方されることが多く、それらを塗ったり、飲んだりすることで、肝斑を薄くしていきます。

しかし、毎日メイクをしますし、スキンケアとして毎日の洗顔や化粧水、美容液などは欠かせませんよね。自宅でも化粧品で肝斑のケアをしたいものです。

そこで、肝斑を自宅でケアする場合、どのような化粧品を使ったらいいのかをみていきましょう。

ハイドロキノン入りの化粧品



ハイドロキノンは、皮膚科でも広く使用されているシミを薄くする美白成分です。肝斑治療でも使用されることがあります。このハイドロキノンが、市販の化粧品の中に配合されていることがあります。いわゆるシミ取りクリームなどと呼ばれるものや、ローションや美容液に配合されています。ドクターズコスメなどの安心できるものを選ぶといいでしょう。

ビタミンC誘導体入りの化粧品



肝斑の治療においては、ビタミンCを塗ることもあります。ビタミンC誘導体入りの化粧品を使うのも一つの方法です。

トラネキサム酸



皮膚科の肝斑治療においては、トラネキサム酸による内服薬が処方されることがあります。トラネキサム酸は、「プラスミン」という皮膚のメラニンをつくるために情報を伝達する成分を抑制するため、メラニンを作り出すのを防止することから、シミの治療にも用いられます。肝斑にも効果があるとされているため、トラネキサム酸入りの市販化粧品を使用するのもいいでしょう。

まとめ


今回は、肝斑のセルフケアとして使える化粧品の例を挙げました。しかし、その効果は人それぞれ異なります。もし使いたい場合には、皮膚科で医師に相談の上、適したものを使うのをおすすめします。

(監修)蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ!!」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。