便秘から来る吐き気の原因と解消法5選【医師監修】
Beauty 2017.06.08 UPDATE

便秘から来る吐き気の原因と解消法5選【医師監修】

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

吐き気がするといった場合、さまざまな原因が考えられます。しかし、便秘の症状が同時に起こっている場合、便秘から吐き気がきている可能性もあります。まずは今起こっている吐き気の原因の目星をつけてみましょう。

また、便秘からくる吐き気の場合、便秘解消を目指すことも大切です。その便秘解消法も合わせてご紹介します。

吐き気の原因って?


吐き気は、一般的にどのような原因で起こるものなのでしょうか。考えられる原因を福島吉野スマイル内科・循環器内科の院長である坂口 海雲先生に教えてもらいました。

(監修・取材協力)

福島吉野スマイル内科・循環器内科
院長 坂口 海雲(さかぐち みくも)先生
平成21年大阪市立大学医学部卒業。平大阪市立大学 臨床研修の後、平成23年に大阪市立大学循環器内科入局。ベルランド総合病院、川崎病院 臨床助教、大阪市立大学病院を経て、平成28年10月に福島吉野スマイル内科・循環器内科(http://sakaguchi-smile-clinic.com/)を開院。日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医、日本循環器内科学会所属医医学博士

病気からくる吐き気


「吐き気が病気から起こる場合、まずは急性の胃炎、胃潰瘍、胃がん、腸閉塞など、消化器に問題があることが考えられます。また、消化器疾患だけでなく、脳出血やくも膜下出血などの脳に関する疾患から起こることもあり、決して胃腸が悪いとは限らないので注意が必要です」(坂口先生)

日常生活による吐き気

「日常生活では、食べ過ぎ、乗り物酔い、食中毒、薬の副作用、喫煙、ストレスによるものなど、さまざまな原因で吐き気が起こることがあります。また、生理前や生理中に、女性ホルモンの影響から便秘や吐き気などの症状が起こることがあります。これを月経前症候群(PMS)や月経困難症と呼びます。他に、頭痛や肩こり、腰痛、不眠、イライラ、疲労感などの症状が起こる場合もあります。妊娠初期は、つわりの症状で吐き気が起こることもあります」(坂口先生)

このような中、便秘で吐き気が起こることもあるのだそうです。

便秘による吐き気


「便秘によって吐き気が起こる場合があります。軽度であれば、特に病気とは関係のない一般的に便秘と呼ばれるものを指すこともあります。腸と胃は同じ消化器なので、便秘で腸が不調になれば、胃も不調になる可能性があります。また、特に気をつけなければならないのが、便秘の症状が病気によって起こっているケースです。

吐き気や激しい腹痛が起こっているといった場合には、大腸がんや大腸ポリープ、腸炎、腸閉塞などの重大な病気が原因の可能性があります。このような強い症状が出ているのであれば、早急に病院を受診してください」(坂口先生)

過敏性腸症候群による吐き気


「また、便秘と下痢を繰り返すなどの症状がある、主にストレスが原因の過敏性腸症候群でも、吐き気の症状が起こることがあります。腸の調子が悪い状態が続いていて、吐き気や嘔吐、めまい、下腹部の痛み・張り、頭痛、肩こり、疲労感などの症状も起こっているのであれば、過敏性腸症候群が疑われます」(坂口先生)

便秘からくる吐き気の対策


そこで、便秘が原因の吐き気の対処法を伺いました。

「激しい腹痛や吐き気がある場合には、病気からくる便秘・吐き気の場合があります。すぐにかかりつけの医師に相談して、診てもらうようにしてください。

それほど吐き気の症状がひどくない場合でも、人によって程度が異なり、自己判断はむずかしいものです。万が一、病気による便秘だったというケースも考えられますので、吐き気を伴う便秘の場合には、いずれの場合も一度医師に診てもらうのをおすすめします」(坂口先生)

▼ 具体的な便秘解消法について、次のページで紹介します!