Vol.4 後片づけも簡単! シンプルでおいしい料理の掟
Life Style 2017.03.15 UPDATE

Vol.4 後片づけも簡単! シンプルでおいしい料理の掟

こんにちは。お片づけ大好きイラストレーターの猫屋です。

「キッチン」をテーマにお送りしている10月のコラムですが、今日は簡単(ズボラ?)料理について書きたいと思います。

料理…。今、私が全力で「手を抜いている」と言い切れる家事の一つです(笑)。

以前はちょっとは凝った料理もしていました。

魚を丸ごと買ってきてお刺身にさばいたり…、餃子は皮から手作りしたり…、あん肝を自分で蒸してみたり…。

本当に自分でもそんなことやってたのかと、ちょっと気が遠くなりましたが、一応過去の栄光を披露してみました(笑)。

特に、妊娠・出産を経てからは、なるべく安全な手作りのものをといろいろ頑張っていた気がしますが、頑張って疲れ果てて具合が悪くなって…。

ある日気づいたんです。

世の中にはおいしいものがあふれているじゃないか!もっと利用しよう〜♪

また自分の家事の中の重要度を判断した結果、私は、部屋の中が乱れている方が嫌。そっちを削ることができないなら、ほかで削ろうと。

今は朝・夕の食事の準備にそれぞれ15分〜30分くらい。一日1時間位しか時間をとっていません。

しかも、朝食は夫も作ってくれるので、本当にさぼっています(小声)。

簡単においしい料理ができるように、手間をトコトン省略


でも、なるべくおいしいものは食べたい、という食いしん坊でもあるので考えたのは、

・素材そのままのおいしさを生かしたシンプルな料理をする
・オーブンやレンジなど、後片付けが簡単な調理法を選ぶ
・調味料をシンプルにする

そしてこれを極めて行った結果…、

・肉を切らない生活
・揚げ物をしない生活
・朝食はメニューを固定化する

ということになりました(笑)。

肉は、特に夏場など、切った包丁やまな板の処理が気になってしまうので、

・固まりの肉などは、形状を生かしたゆで豚やオーブン焼などの調理法を選ぶ
・煮込む調理法は火を通してからキッチンバサミで切る
・手間と引き換えに、少し割高でもカット済みの肉を使う
・ひき肉、手羽先などを使う

16.10-4p-1

よく作る、とりもも肉のオーブン焼き。ポリ袋に肉と塩麹を入れてモミモミ。野菜を入れたダッチオーブンの上に肉を載せ、ニンニクと黒こしょうをパラパラして、あとはオーブンに入れるだけ。

16.10-4p-2

お肉は火が通ってから、キッチンバサミで切れば食べやすいです。生肉を、切らず触らず調理して、簡単&見栄えも良し。

16.10-4

また、下味をつける時はポリ袋、ハンバーグなど捏ねる時は使い捨てビニール手袋を利用したりと、生肉に触らないようにすると料理中も楽です。

ちなみに、生魚などの場合は新聞紙の上で処理して、そのままゴミ箱にポイしています。

揚げ物も、フライパンや小さなお鍋で揚げ焼きをしたり、あとはお店で買ってきたり。

また、朝食は寝起きのぼーっとした頭でも作れるように、メニューは固定化。和食の場合はごはん・納豆・味噌汁、洋食の場合はパン・卵など。

どちらも青汁とミニトマトを必ずつけるようにしたり、余裕があったら焼き魚やヨーグルトやフルーツなどプラスして、バランスをとっています。

本当、結構極端で自分でもびっくりな内容ですが(笑)、調味料とタップリの野菜を一緒に調理すればバランスもよく、だいたいおいしくなりますよ。

また、忙しい時は簡単料理、時間がある時はちょっと丁寧に作ったりすれば、無理なく楽しめるかもしれません。

もちろん、お料理が大好きな人は全力で楽しんで下さいね!!

今日もお読み頂きありがとうございました。質問や取り上げて欲しいテーマ等、ご意見もお待ちしております。

猫屋
Writer

猫屋

イラストレーター、整理収納アドバイザー