朝井麗華の健康が生み出す「美の秘訣」vol.3 〜肋骨ほぐし〜
Beauty 2017.03.15 UPDATE

朝井麗華の健康が生み出す「美の秘訣」vol.3 〜肋骨ほぐし〜

みなさん、お元気ですか?経絡整体師・美容家の朝井麗華です。

またの名を“おっぱい番長”。私の考案した「乳トレ」の効果は、バストに様々な悩みを持つ多くの女性で、既に立証済み!その上、実は肩こりさんにも効果絶大なのです!

肩がこっている人は、身体の前面の大胸筋もコチコチに固まっています。大胸筋をほぐすことで、背中側の筋肉も緩まるというわけです。スマホにPC、車の運転、赤ちゃんの抱っこ…と、何かと背中が丸くなって、首が前に出てしまう姿勢を長時間続けていることがありますよね?

私のサロンのお客様も、肩こりや腰痛に悩む方がほとんど。うれしいことに、大胸筋がほぐれると、顔のリフトアップにもつながるのです!だから「乳トレ」は一石二鳥、いやそれ以上のいいことずくめですよ!

基本の乳トレ第2弾


私の「乳トレ」は、1日たったの5分!基本の手技は3つ!この3つをマスターすれば美しいバストが育ってきますよ。

今回はその2つ目をマスターしましょう!(鏡の前で裸になり、オイルやクリームなどを付けて行うことをオススメします)

「肋骨ほぐし」

① 指をそろえ、逆サイドのバストのわき肉をバストトップに集めるようにぐっと添える

asaireika_3_1

② もう片方の手をグーにして、第二関節の骨をわき下にあてる

asaireika_3_2

イメージは肋骨の間に指の第二関節をはめこみ、この第二関節でマグロの中落ちをえぐるような感じです。

③ 肋間筋をそぐように、そのまま左右の手をバストトップへ向けスライド

asaireika_3_3

グーの手がバストトップへ来たら、わき肉を集めた最初の手でもう一度わき肉を集める。追いかけるようにまたグーで肋間筋をえぐってバストトップへ…これを繰り返します。

④ 左右30回ずつ行う

asaireika_3_4

わきの下からアンダーバストまでを3つに分けて、各ライン10回ずつ行うとやりやすいです。

肋骨の間の筋肉である肋間筋がほぐれると、肋骨が柔軟に動くようになります。すると、内側にある肺が大きく膨らみ、体内に酸素をいっぱい取り入れられます。睡眠中の呼吸も深くなり、たくさんの酸素が体中を巡って疲労回復、ストレス解消、美肌などなど美しく健康な体に大変身できますよ!

文・写真提供:朝井麗華