食べてアンチエイジング!積極的に摂りたい栄養素と食べ物は?
Beauty 2017.03.15 UPDATE

食べてアンチエイジング!積極的に摂りたい栄養素と食べ物は?

最近、年齢を重ねても美しい女性が増えていると思いませんか?そんな女性たちが日ごろから心がけていることは次の2つです。

・食べ物や食べ方に気を配り、栄養バランスが取れた食生活
・メリハリのついた規則正しい生活

入念なスキンケアも大切ですが、その前に肌の土台となる食生活に意識を向けてみましょう。

肌の健康を促す栄養素と食べ物とは?


年齢を感じさせない肌や容姿を叶えるなら、アンチエイジング=抗酸化作用のある栄養素について、その役割や効能を理解することが大切です。アンチエイジング効果が期待できる栄養素は以下のとおりです。

anti_aging_food

1. ビタミンA


ビタミンAは、動物性の食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれるβカロチンの2つの成分に分かれます。レチノールを含む食品(※後述参照)は、過剰摂取すると肝臓への負担がかかるなどの副作用があるので、摂りすぎには注意しましょう。

●ビタミンAを含む食べ物:卵・イクラ・マーガリン(※レチノール)、人参やほうれん草などの緑黄色野菜・柑橘類(※βカロチン)

2. ビタミンC


紫外線から肌を守り、メラニンの生成を抑えてくれます。継続的に体内へ摂取することで、コラーゲンを生成する働きも。また、免疫力も高めることができます。

●ビタミンCを含む食べ物:柑橘類、ブロッコリー

3. ビタミンE


体内の血の巡りを活発にし、全身の新陳代謝や肌のターンオーバーを促す栄養素です。また、加齢とともに気になる生活習慣病の予防や、頭皮の環境を改善する効果もあります。

●ビタミンEを含む食べ物:アボガド、カボチャ、アーモンドなどのナッツ系、大豆

4. アスタキンサン


化粧品CMでおなじみであるアスタキンサンは、抗酸化力作用と一緒に活性酸素を取り除く色素成分です。美白効果だけでなく、眼の疲れを改善したり、動脈硬化の予防などの効果もあります。

●アスタキサンチンを含む食べ物:サケ・イクラ・トマトといった赤色の食材

日頃、栄養面を意識することが健康的な食生活へとつながり、結果、アンチエイジングの近道といえるかもしれません。毎日3回の食事で口にするものを、少し見直してみましょう。