失敗したくない!アンチエイジングに効果のある整形施術13選
Beauty 2017.05.25 UPDATE

失敗したくない!アンチエイジングに効果のある整形施術13選

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

アンチエイジングの対策の一つとして、整形がありますよね。人によっては身近でない方もいらっしゃるかもしれませんが、方法によってはとても手軽に行えるものもあります。ここでは、アンチエイジングのための整形の種類をご紹介。あまり整形に詳しくない方にも、わかりやすいように解説していきましょう。

(監修・取材協力)
蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ!!」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。

アンチエイジングで行う整形の種類


整形といっても、その種類はたくさんあります。ここでは、アンチエイジングの施術でよく行われる美容整形の方法をご紹介していきます。美容整形というと、注射で済むものから、手術を行うものまで、さまざまなものがありますよね。

ここでは、手法別に整形の内容と効果をご紹介します、アンチエイジングのための整形に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

注射や点滴を使う施術方法


まずは注射や点滴を使う施術方法をご紹介します。注射や点滴を使う施術は、施術の時間が比較的短く、施術後に腫れが発生することも少なく、長いダウンタイムが必要ないのが特徴です。

また、手術などを必要とする施術方法よりも比較的費用が抑えられるので、経済的負担も少ないのがメリットです。

ヒアルロン酸注射


眉間やほうれい線など、深く残ってしまったシワなどに対して行います。ピンポイントで改善したい部位にアプローチできるのが利点です。ヒアルロン酸を注射すると、ふっくらと膨らんでシワが目立ちにくくなります。

眉間やほうれい線など、顔の表情が動いていないときに出てしまうシワにも効果がありますが、笑ったり、顔の表情ができることで生まれるシワにも効果があります。

ボトックス注射


ボトックス注射は、眉間のシワ、おでこのシワ、目尻のシワなどに効果がある注射です。筋肉の収縮力を弱める働きがあり、シワが寄るのを防止してくれるのです。ボトックス自体はたんぱく質ですので、身体に害はありません。シワができにくくなりますが、不自然な表情にならないのも利点です。

人の顔の骨格は、年齢を重ねるほど大きくなります。エラ部分にボトックスを注射することで筋肉が収縮して小顔になりますので、加齢によって顔の大きさが気になってきた方にはおすすめです。

ボツリヌス注射


ボツリヌス菌も、ボトックス同様に筋肉を収縮させる働きがある成分です。眉間やおでこなど、気になるシワ部分の下にある筋肉に対して注射をし、シワを解消させていきます。

プラセンタ療法


プラセンタとは、胎盤を指す言葉です。プラセンタは、たんぱく質や糖質、脂質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、酵素など、さまざまな栄養素を含みます。全身の機能低下を回復させる働きがあり、年齢肌を美肌へと導いてくれるでしょう。

プラセンタは、コラーゲンの生成を促進したり、抗酸化作用で細胞の老化を食い止めたり、美白や保湿などの効果もあります。

また、プラセンタに関しては、美肌をつくるためだけに用いられるのではなく、生理痛や生理不順、腰痛や肩こり、冷え性や便秘など、その他の改善にも用いられることがあります。40代女性から増えてくる更年期障害などにも用いられ、つらい症状を軽くしてくれるのです。

プラセンタには市販のサプリメントなどもありますが、医療機関で使用するプラセンタはヒト由来の効果の高い「ラエンネック」と呼ばれるものが使われます。厚生労働省などにも認められた治療薬ですので、一般的なサプリメントなどで使われる豚のプラセンタなどとは質や効果が違うのが優れた点です。

プラセンタを取り入れるのには内服薬、筋肉注射、点滴と、さまざまなアプローチがあります。自分に合った療法を選ぶといいでしょう。

水素注射


水素注射はシミやシワなどの肌老化に直接働きかけるというよりは、細胞自体の老化を食い止めるのに役立つアンチエイジング方法のひとつです。水素は悪玉活性酸素と結びつき、無害な水になる特性があり、細胞の老化を進行させる活性酸素を除去するため、細胞がダメージを受けて酸化するのを防いでくれます。

また、細胞内のミトコンドリアの機能を正常化することで細胞の機能自体が正常化します。細胞の代謝が促進されるので、健康と美容の両面でメリットを感じられます。

特殊な器具・機器を使う施術方法


ここからは、特殊な器具や機器を使って行う施術方法をご紹介します。

フォトフェイシャル


フォトフェイシャルは、真皮の上部にまで達するレーザーを照射する機械です。コラーゲンの生成を促進するので、細かいシワを改善することができます。

QスイッチYAGレーザー


老人性色素斑やソバカスなど、一見して目立つシミに効果的なレーザーです。シミの黒い細胞にだけレーザーが当たるため、シミ以外の皮膚を傷つけずにシミ治療ができます。1回の照射で改善が見えるのも利点です。

ただし、照射後はかさぶたができ、それが剥がれるまでに1週間近くかかります。かさぶたが剥がれると明るいピンク色の肌が表れますが、最初のうちは赤黒く見えたり、茶色の色素沈着などが表れることもあります。

色素沈着のケアもしながら行うことで、半年〜1年をかけてシミを治していきます。

タイタン


近赤外線領域の光線を照射することで、真皮組織でのコラーゲン生成を促進させます。皮膚にハリが表れ、たるみの改善に効果的です。

フレクショナルレーザー


フレクショナルレーザーは、細かい点状のレーザーを照射できる機械です。肌に小さな穴を開け、それが修復する際に、肌の凸凹、シワなどが改善します。このレーザー治療は真皮組織へアプローチして行うもので、長期的に維持できるのが特徴です。ニキビ跡が気になる方にもおすすめですよ。

 

▼ 手術を考えている人は要チェック!次のページで詳しく解説します!