毎日の料理で老化にストップを!アンチエイジングのレシピ集5選
Beauty 2017.05.25 UPDATE

毎日の料理で老化にストップを!アンチエイジングのレシピ集5選

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

アンチエイジングに効果があるのは分かっていても、どんな食材を取ればいいのか、どんなふうに料理すればいいのか、わからない人が多いのではないでしょうか。ここでは、アンチエイジングに効果的なお料理レシピをご紹介していきます。

(監修・取材協力)
蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ!!」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。

老化防止の効果を高める料理のコツ


ここでは、料理のレシピを紹介する前に、調理においてのちょっとしたコツをご紹介いたします。毎日の献立を考える上でのヒントにしていただき、アンチエイジングにいい食生活を送っていきましょう。

生野菜と発酵食品をふんだんに使って


生野菜と発酵食品の共通点は酵素が多く含まれている点です。酵素は消化を助けたり、新陳代謝を上げたり、細胞にダメージを与える活性酸素を除去するなど、身体にうれしい働きをしてくれ、アンチエイジングでも欠かせないものになります。

この酵素は48度以上で加熱すると変性してしまうことが多いため、できるだけ生のままで食べるようにしてください。ただし、中には加熱したり、油と一緒に炒めたほうが吸収率が高まるものもあるので、食材によって調理方法を変えるようにしてくださいね。

新鮮な油で調理を


中には、揚げ油を再利用して料理をする人もいるかもしれません。でも、アンチエイジングの観点で考えると、良質な油を取ることが大切になります。揚げ油は酸化しやすいため、できるだけ新鮮な油を使って調理をするようにしてください。

調味料にも気を配って


料理の基本の調味料である白砂糖は、腸の中に入ると悪玉菌のエサとなります。悪玉菌が活発になり、増えていくことでいいことはありませんよね。白砂糖の代用にはみりんを使うか、黒砂糖などの精製されていない砂糖を使うようにしましょう。

また、化学調味料なども身体によくありません。かつお節や昆布で出汁を取ればミネラルやアミノ酸も摂取できますので、健康美容のためには面倒でも自分で出汁を取るようにしましょう。

 

▼ 次のページでは、具体的なレシピを紹介!「カラーピーマンの炒め物」・「アボカドトマトサラダ」