もしかしたら老化かも?髪と頭皮のアンチエイジング基礎知識
Beauty 2017.05.25 UPDATE

もしかしたら老化かも?髪と頭皮のアンチエイジング基礎知識

※ この記事は、2017年5月25日に追記しました!

20代の頃と比べると、30代40代の女性は髪の変化についても気づいている人が多いようです。ツヤやハリ、うねりやパサつきなど、髪の悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。ここでは、髪と頭皮のアンチエイジングケアに触れていきたいと思います。

(監修・取材協力)
蘇原 しのぶ(そはら しのぶ)先生
皮膚科医。東海大学医学部卒業後、北里大学皮膚科、獨協大学皮膚科を経て、白斑専門の新宿皮フ科副院長。2016年にしのぶ皮膚科開業。皮膚科・皮膚外科歴13年。ヒアルロン酸、ボトックスマスター認定医、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会認定医。オールアバウト美と健康のガイドでもあり、「スッキリ!!」・「この差って何ですか?」等のメディア活動も精力的にこなしている。

こんなあなたは黄色信号?髪と頭皮のチェックリスト


まずは今の自分の髪・頭皮がどんな状態なのかを知っていくことから始めましょう。ここで紹介するチェックリストは、髪や頭皮の“老化”度合いを知る目安となるものです。ぜひ、自分の髪や頭皮の状態を確かめるきっかけにしてみてください。

髪と頭皮の”老化”を確認するチェックリスト


以下のリストを参考に、ここ最近で気になり始めたことについてチェックしていきましょう。

・最近、頭皮のニオイが気になる
・頭皮が固くなった気がする
・頭皮が乾燥してフケが出る
・髪のベタつきが気になる
・アホ毛が多く、スタイリングがしにくい
・髪の分け目が目立つようになった
・くせ毛やうねりが強くなった気がする
・抜け毛が増えた
・髪がパサついてまとまりにくい
・頭皮が赤くなったり、出来物ができたりする

このチェックリストに当てはまるものが1個でもあれば、髪と頭皮の老化を疑ってみましょう。特に、年齢とともに目立つようになったことがあれば、それはエイジングによる変化である可能性が高くなります。

髪や頭皮の老化はなぜ起こる?


エイジングというと、どうしても顔や肌などに着目する人が多くなります。しかし、実は髪や頭皮も老化するもの。年齢とともに衰えがみられるようになるのです。ここでは、髪や頭皮の老化の原因に迫っていきます。

血行不良が大きな要因に


髪や頭皮の老化現象は、頭皮の“血行不良”が関係しています。血行不良になると、髪を作り出す細胞などにも栄養分が行かず、潤いが失われたり、しっかりとコシのある髪が生えてこなくなってしまうのです。

髪は頭皮の毛母細胞が分裂することによって生まれるもの。まずは頭皮の状態をよくすることから考えなければいけません。血行不良に関しては、原因は一つではなく、例えば、以下のようなことが頭皮の血行不良に関係してきます。

女性ホルモンの乱れ


肌老化の原因にもよく挙げられる女性ホルモンの乱れですが、これは頭皮にも当てはまります。ホルモンの影響によって血行不良が続くと、毛母細胞に栄養が引き届かず、栄養不足の末に生まれた弱く質の悪い髪の毛が生えてきます。

食生活や睡眠不足など生活習慣の乱れ


血行不良は食生活の乱れや睡眠不足など、乱れた生活習慣によっても引き起こされます。栄養バランスの偏った食事では、髪にいいミネラルが不足しがちにもなりますので、美しい髪を手に入れることはできないでしょう。

ストレスによる自律神経の乱れ


ストレスが多い生活をしている人も血行不良に陥りがちになるので要注意です。自律神経は血管の収縮をコントロールする働きを担っているため、ストレスによって交感神経の働きが優位になると、血流が滞ることがあります。

乱れた生活習慣が毛穴詰まりを引き起こす


頭皮が臭う、髪がベタつくといった悩みをお持ちの方は、頭皮の毛穴が詰まっている可能性があります。頭皮は身体のパーツの中でも汗や皮脂が多く分泌される部位。ホルモンバランスや生活習慣の乱れによって皮脂分泌が過多になっていると、毛穴が詰まって頭皮環境が悪化します。

ニオイが気になる場合は、皮脂分泌が増えて頭皮の常在菌が異常に繁殖している可能性も。毛穴詰まりは髪への栄養補給も妨げますので、髪が細くなったり、パサついたりといった他の老化現象を招く原因にもなります。

加齢による男性ホルモンの活発化


年齢を重ねるとどうしても女性ホルモンの分泌は減少していきます。そこで逆に活発になるのが男性ホルモンです。男性ホルモンは頭頂部や前頭部などを薄毛にさせるため、毛量が減って分け目が気になるようになったり、髪の毛が薄く細くなっていく原因となります。

ヘアスタイリングによるダメージ


長年ヘアカラーやパーマをしていると、それがダメージとして蓄積されて髪の状態を悪化させている可能性があります。ヘアスタイリングをする際に整髪料やヘアアイロンなどを使う方は特にヘアダメージがひどくなる傾向にあり、それが原因で髪のツヤ、コシ、ハリが失われている可能性も…。

また、紫外線などでも髪は痛みやすくなります。これらのダメージを放っておけば、髪や頭皮のエイジングも進みやすくなるでしょう。

 

▼ 次のページでは、髪と頭皮の正しいアンチエイジングケアについて説明します!